MENU

30日で英語耳を手に入れるバイリンガル育成プログラム

ネイティブの口の動きを完全に真似する

スピーキング上達

 

日本人が英語をネイティブ並に流暢に話すためには
スピーキングおよび発音が本当に大切な要素になってきます。

 

英語力がアップして相手の話していることが理解できたとしても、
こちらの発音が悪いとまるで相手に伝わらないということはシバシバ起こってしまいます。

 

 

特に我々日本人が普段から日常的に使っている英語などは、
日本語の発音に完全に慣れてしまっていますので、
単語や意味を理解していたとしても、そのままの発音では
ネイティブには全く伝わらないということは珍しくないんですね。

 

だからこそ発音矯正やスピーキング力の向上は必須と言えるのですが、

 

 

最も手っ取り早い上達方法はネイティブのモノマネをすることです。

 

 

 

細かいニュアンスとか発生方法は理論で勉強するよりも
理想のネイティブスピーカーを見つけて、その通り真似した方が
肌で感覚を身につけることが出来るので、自然と上手くなります。

 

 

CDやDVD付きの本や教材からでも学習することも出来ますが、
海外のテレビドラマを流しっぱなしにして行う練習がお金もかからず効果的。

 

聴き取れる単語は徹底的に真似することです。
口や舌の動き、細かいディテールまでモノマネ芸人のように
再現してみてください。

 

 

 

単語レベルで練習に慣れてきたら、今度はドラマを通して
役者になりきって台詞を追いかけてみましょう。

 

いわゆるシャドーイングという方法ですが、
これを行うことで英語のリズムに慣れることができますので、
スピーキングの練習には非常に効果的です。

 

一度やって満足するのではなく、同じドラマやDVDを繰り返し練習することがポイント。

 

 

 

ただ、最初はなかなか成果が見られないかもしれませんが、
英語学習のポイントというのは、やればやるほど知らないうちにレベルアップしていき、
ある日突然英語が理解できて自然と口をつくように出てきます。

 

見えないところで経験値が貯まっていくという感覚なので、
すぐに英語が上達しなくても根気よく毎日続けることをおすすめしますよ。

スポンサードリンク