MENU

30日で英語耳を手に入れるバイリンガル育成プログラム

ネイティブ並に英語を習得するなら日本語を介してはいけない

 

 

 

英語に限らず言語を習得する際は、
赤ちゃんが言葉を覚えるように学習する必要があります。

 

英語をマスターする際には決して日本語に訳したりしてはいけないのです。
また、いきなり文法から覚えようとしてもういけません。

 

赤ちゃんが言葉を覚えるときは、文法から学んだりしませんよね??

 

 

赤ちゃんは親や周りの人間が話す言葉をマネて無意識で言語を習得しています。

 

つまり英語をネイティブ並にペラペラで話したいのであれば
これと同じ原理で学習する必要があるということです。

 

 

日本の学校教育では文法から学んだり
わざわざ英語を日本語に訳してから覚えようとしますが、
これでは日本語が頭の中で優先的に働いてしまい、
英語でものを考えることが出来ません。

 

つまり日本語で英語を考えてしまっている為、
これではネイティブ並に英語を話そうと思っても不可能なのです。

 


ですから、英語を勉強したり話したりするときは、
日本語を介さず英語のまま理解し伝えるということが必要になってきます。

 

 

 

ですから英語の映画やテレビを見たりすることで
できるだけ日本語を使わないでありのまま英語に触れてください。

 

最初は意味がわからなくても大丈夫。

 

映像という媒体を使用し脳内に大量の英語をインプットさせることで
自然と自然と意味を理解できるようになります。

 

ただし、教材としては映像と音声がセットになっている
テレビドラマや映画である必要があります。

 

そうでなければ状況から意味を把握することができませんので。

 

同じ映画やドラマを繰り返し見ることで
全体のストーリーや会話の内容を予測し、
そこから意味を理解することが出来るようになってきますので
ぜひ試してみてください。

 

 

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

 

 

スポンサードリンク


英語は赤ちゃんが覚えるように学習する関連ページ

自宅で英語をマスターするならアメリカの映画やテレビを大量に見る
自宅で英語をマスターする為の効果的な練習法として、アメリカやイギリスの映画やテレビドラマを大量に見る方法がオススメです。